おすすめ聖地巡礼レポート

<ラブライブ!サンシャイン!!>アニメ聖地巡礼

ラブライブ!サンシャイン!!の聖地である沼津と内浦に行ってきました! サンシャインはアニメまで情報仕入れず、アニメから入りました。 サンシャインではAqoursというスクールアイドルグループが出てきますが、いつの間にか自分の中でμ's超えてました。 μ'...

最近の記事

11/01/2014

<ヤマノススメ>アニメ三ツ峠舞台探訪

ヤマノススメっていう神アニメに出てくる三ツ峠に行ってきました。  
※写真はLumix DMC-GF6(Olympus 12mm F2.0) で撮影



三ツ峠駅までは八王子から大月。大月から富士急行。
ルートは三ツ峠駅からの登山道で開運山の頂上まで行って下りは河口湖駅の方に抜けました。道を間違えて酷いことになりましたが、それは後述。
行きはアニメ通りのルートです。

三ツ峠の駅から三ツ峠登山口の文字と山頂が一緒に見えるのがいいですね。
山頂は左上のアンテナのところです。

駅に何故かある達磨石。登山道にある達磨石は見逃したのか見たけど忘れたのかとにかく記憶にありません。

あおい「三ツ峠?」
駅から三ツ峠登山道入り口まで平坦な道をひたすら歩きます。
平地は疲れないので全く問題ないです。



登山道の前?にある神鈴の滝です。
山頂と一緒に写すことが出来るので隠れた絶景スポットだなぁと思いました。
滝の方に降りてみることをオススメしますよ。
場所違う?


股のぞき付近からの富士山。
木の間からも撮りましたがいい写真が無かったので許してください。

例の危険な場所です。
慎重に進めば大丈夫です。崖も緩やかで落ちても止まれそう。
トレッキングポールを使うと余計危ない気がする。


ここを抜けると屏風岩が見えてきます。
大迫力の素晴らしい写真が撮れました。
三ツ峠の写真のお気に入りは?と聞かれたらこの写真を選びますね。

クライミングのメッカらしくクライマーが沢山いました。通りにくいです。
ここまで来れば山頂はもう一息。



山頂のアンテナです。

良い目印。

山頂からの富士山。
富士山が雲に隠れてしまっていました。
早朝ははっきり見えていたようです。やっぱり朝早く行かないと駄目ですね。
確か行きの富士急行から見えた富士山は雲ひとつなかったような気がします。何故その時に写真を撮らなかったのか。

でも麓から見えるのは圧巻の山容でした。
それはそうとあまり綺麗に撮れなかったので撮り方考えないとなー。
PLフィルターが必要なのかな?

三ツ峠開運山登頂~。
海抜1786.1m



下りはピストンじゃ味気ないのでカチカチ山ロープウェイを経由して河口湖駅方面に降りてみようかなと思ったのですが、標識が無くて道が分からず登山者に聞きまくったのにも関わらず降りる登山道を間違えました(しろめ
結局三ツ峠登山口のバス停方面に下山。
同じ方向に向かっている登山者さんもロープウェイの方に行くって言っていたのですけど、マジで心配です。どうしたんだろう。

ちなみに三ツ峠登山口バス停のバスは来るはずもなく、三ツ峠入り口バス停まで御坂みちをひたすら歩きました。舗装道路なので歩きやすいのですがつまらないです。
三ツ峠入り口バス停の方はまだ動いていたので良かったものの三ツ峠登山口バス停から河口湖駅までが12キロだったので肝を冷やしました。

府戸尾根の方って何処から行けばよかったのかいまだに分かりません。
三ツ峠山荘のあたりで心あたりのある箇所があったのでロープウェイ方面はそこから分岐なのかも。山荘目の前の坂のところかな...。




無事河口湖駅に着きました。
河口湖駅にあったポップ。
欲しい。


三ツ峠完。
次は赤城山か霧ヶ峰行きたいです。

10/18/2014

塔ノ岳

近くの塔ノ岳に登ってみました。
丹沢山塊が百名山なので、百名山に数えていいでしょうか。
一応丹沢山塊の最高峰は蛭ヶ岳です。


大倉から登りました。
登山道入ってから塔ノ岳山頂まで6.4キロ(大倉バス停から7キロ)です。
1500m程の山ですが、麓から登ったのでかなり厳しかったです。

 稀にある風が気持ちいい平坦な道がせめてもの救い。
3時間半登りっぱなしです(しろめ
バカ尾根と呼ばれているぐらい単調な登り道です。修行なので二度と登りたくない。
もしまた登る機会があったら三ノ塔から縦走してこようと誓います。



登山道は特に見所が無かったのでいきなり山頂。

山頂から富士山方面を望む。
登頂時に富士山がちょうど雲に隠れるという悲劇。
雲が無かったら相当いい眺望ですね!富士山の隣にある二つ耳の山が気になったのですが多分愛鷹山っぽい。

塔ノ岳から視認できる山のメモ。


大山方面。
右が三ノ塔。左奥が大山と思われる。


鹿が登山道にいました。
やたら鹿がいたよと言ってくるおじさんがいて道中共にしてました。新潟から旅行中で関東の山を毎日登っているとのこと。素晴らしいです。


ピストンなので下山もバカ尾根。単調な上に歩きにくくて大変でした(まる
明日、三ッ峠山行ってきます!

10/02/2014

<ヤマノススメ>谷川岳日帰り山行記録

天気がばっちり快晴だったので日帰り谷川岳行ってきちゃいました。

谷川岳はヤマノススメ4巻に出てくる物語のキーとなる山です。
アニメでも当然登場するでしょうから一足早い聖地巡礼になったでしょうか。



始発で家を出て新幹線で上毛高原駅まで。
そこから谷川岳ロープウェイまでは路線バスで向かいます。
もちろんロープウェイで天神平まで上がっての天神尾根ルートを選択。
天神平から山頂へピストン。



天神平から見る谷川岳山頂。果てしない距離です。
谷川岳は山頂が二つあり、トマノ耳とオキノ耳と呼ばれています。

登山道に入りなだらかな坂道を進んでいくと山頂が近くに。
T:14m

暫く進むと鎖場があり、それ以降はほぼこんな感じのガレ場となります。
スニーカーだと死にますので注意(死にかけました。


この場所がどの辺だったのか忘れました。ガレ場をかなり登った後なのは間違いありません。まだ天神尾根の2/3ぐらいと思います。
T:1h48m

既に景色がヤバイです。

天神尾根全景。登山道ですね。
こんなところを登ってきたとか信じられません。


肩の小屋から万太郎山方面の尾根。
肩の小屋は山頂のすぐ手前にあります。
ここからの尾根が素晴らしすぎるのにあんまり写真撮っている方がいなくて勿体ないなと思いました。このまま尾根を渡って行きたい衝動に駆られます(遭難フラグ


そして登頂~!
登頂まで2時間33分。コースタイムに比べてかなり時間がかかっています。
時間が無いので、もう一つの山頂であるオキノ耳は断念。いつかリベンジしたいです。

トマノ耳から望むオキノ耳。 
まだ全てが紅葉しているわけではなく緑と混じっています。
自分は紅葉よりもこういった感じの方が好きかもです。

谷川岳はロープウェイとリフトである程度の高さまで行くことは出来ますが、やはり山頂付近の景色は別次元です。
日本でこんな景色が見れるんだと感動しきりでした。


個人的には山頂からより肩の小屋からの尾根の景色が素晴らしいと思います。
山頂はちょうど雲にかかる標高なので中々視界が開けません。
尾根フェチになりそうです。



GPSログ。
帰りの後半遅いのは登山客で渋滞していてペースが落ちたせいです。



次の山は瑞牆山で考えています。 

9/25/2014

高尾山

ヤマノススメの原作が良すぎて登山に死ぬほどハマってしまいました。
一先ずは高尾山に行ってきたので写真を。



山頂からの写真です。
599mですが、遠くの山容が素晴らしく中々の景色が拝めます。


ルート的には登り1号路、下り4号路途中からロープウェイで下山という感じで
全く問題無かったですね。6号路に挑戦してみれば良かったです。
個人的には1号路後半の階段が一番辛い上に景色も面白く無いので、1号路途中から4号路がオススメ。帰りは6号路で決まりです(行ったこと無い


今週末はいきなり一人で谷川岳行ってくるかもです。
遭難しないようにしないと(洒落になってない

8/23/2014

Starlink / Original (Trance)
http://spbn.sakura.ne.jp/s_sl.mp3

オリジナルトランスを作ってみました。
星をイメージして作りました。なかなか綺麗なメロディーラインが書けたと思います。
メロディパートが終わってから始まるシンセリフとその後のベースラインがかなりお気に入りです。アウトロをⅣから繋げたくてフィルイン部でⅢ7まで降下しています。

Tranceとしてはかなり聴きやすい部類と思いますので是非聴いてみてください。

星織ユメミライってエロゲのソラちゃんルートがあまりに良くてモチベが高まりすぎたので最後まで作ることが出来ました。
ソラちゃんは星が大好きな娘で知識も凄くて本当にプレイしていて楽しかったです。
自分も星や星座が好きなので。


16bit 44.1khzバージョン。
http://spbn.sakura.ne.jp/Starlink.wav

7/29/2014

<TARI TARI>アニメ舞台探訪(江ノ島編)

『TARI TARIアニメ舞台探訪(江ノ島編)』
TARI TARI」というアニメに人生で一番ハマってしまい江ノ島に毎週行っていますw

題材が合唱の青春アニメなのですが 、1クールという短さでこれだけのオリジナル作品を作れるとは脱帽しました。尺の都合上展開は早いのですけど逆に、それが全てを見せないというか、視聴者に自由に補完出来る余地を生み出していていいですね。

キャラクターが個性的で面白いし可愛いです。
和奏ちゃんの事が死ぬほど大好きです(結婚しました メインの5人は皆な大好きです。

合唱や声楽に興味が出てきてしまいました。
歌が上手い声優を集めたようで、素晴らしい歌声が聴けますよ!



というわけで江ノ島の写真を。
今回、20mm F1.7に加えて新たな広角レンズ(Olympus 12mm F2.0)を導入してみました。地味に本体もGF6にグレードアップ。
※写真はLumix DMC-GF6(Pana 20mm F1.7 / Olympus 12mm F2.0)で撮影


1話の和奏が自宅から白浜坂高校に通学するシーン。
江ノ島登り切って少し進んだ辺りのあぶらやさんがモデルです。
もう少し手前でした。和奏が閉めているような立派な扉は無かったです
(簡易な扉はありました


位置間違えました。展望台が右に見える位置かぁ。また江ノ島行ってきます(^q^)

実際にあぶらやさんから下って進んでくるとここ通ります。

和奏ちゃんはどこで自転車に乗ったのでしょうか。
ここは人通りが多いので緑の鳥居は視認出来そうにないです。


江ノ島弁天橋。
1話では省略されていましたが、通学時に渡る描写が3話で登場。

ここで和奏が謎の外国人に絡まれ伝説の台詞が聞けます。
和奏「ア、アイキャント、アンダスタンド!アイ、アムノーマネー!」
ノーマネーの後も何か言っていますが聞き取れませんでした(涙 ノーサンキュー?

本土方向に向かって。撮る位置を間違えました(二度目
建物は一致していますね。



6話、来夏が和奏のお見舞いに江ノ島へ。
良いカットです。人が途切れることが無いので撮るのは難しそう。早朝ならワンチャン。

和奏が自宅にいなかったので稚児ヶ淵の方へ。
階段を駆け下りて和奏のところに。

ジャンプしていいレベルの水溜まりではなかったです。死にますw

稚児ヶ淵からのベストショット。
Olympusのレンズは青が綺麗!

江ノ島の象徴的な展望台。
なかなか上手く撮れました。
サムエル・コッキング苑からの展望台は絵になります。チューリップが一杯になる時期にも撮ってみたいですね。

江ノ島周辺のカットは以上になります。
聖地巡礼で江ノ島を初めて訪れましたが、近場にこんなに面白い観光スポットがあったんだなぁと。唯一残念なのは富士山が見えなかったこと。夏は快晴でも遠くはモヤがかかっていて厳しそうです。視程がいい冬の江ノ島にも行ってみたいですね。



鎌倉編に続け。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...